審美歯科とは

審美歯科とは

歯の治療においては、健康保険制度の範囲内で行われる内容は、機能的な部分に対する治療のみが適応されます。しかし、見た目の美しさが顔の造形美やその人の印象を左右するという意味において、歯はとても重要な役割を果たしていることは否めません。この歯における見た目の美しさ、審美的要素に対する治療を行う医療分野は審美歯科と呼ばれています。

美容整形 仙台

審美歯科に関しては、日本歯科審美学会という団体が存在し、そこの定義によれば「歯科審美学とは、顎口腔における形態美・色彩美・機能美の調和を図り、人々の幸福に貢献する歯科医療のための教育および学習に関する学問体系である」となります。具体的には歯の矯正やホワイトニング、あるいは金属以外の素材を使った歯の補強治療が該当するというわけです。

女性が美しくなるためのウェブサイト「Beauty & Co.」 ついにオープン! | スタイルアリーナ style-arena.jp

歯の矯正治療は、噛み合わせに対して行われるものが大部分であり、子供でも大人でも対象となります。しかし、歯が成長途上であることと、生え替わりを利用できることがある子供のほうが、より矯正にかかる時間も苦労も少なくて済む傾向にあります。こうした治療を歯列矯正といいます。

もっと美しくなるための恋愛心理学

ホワイトニング治療は、その名のとおり「歯を白くすること」そのものを意味します。ですから専用の薬剤を使用して行う漂白から、歯の表面の加工を行うマニキュアやラミネート、あるいは被せものであるクラウンにいたるまで、広義にはすべてホワイトニングと言うことが出来るのです。しかし、一般的に言うホワイトニングとなると、これは薬剤による漂白(ブリーチング)を指すことが多いようです。主に使用される薬剤は過酸化水素製剤であり、歯科医院内で行われるものも、家庭で行われるもの、基本的には同じ内容です。

歯に被せものをすることをクラウン治療といいますが、今までは強度確保の関係から金属部品が使われてきました。しかしこれは笑ったときなどにとても目立つため、抵抗を感じる人も少なくなかったようです。そこで最近登場したのが、オールセラミッククラウンと呼ばれるものです。より美しい白さを持つエンプレスや、強度において突出するジルコニアなど、美しさと強度を併せ持つ審美歯科の新技術といって良いでしょう。

よく、芸能人は歯が命などと言うように、容姿における歯の見栄えはとても重要なポイントになります。笑うとき、話すとき、食事をするとき、顔と顔を寄せ合うとき、人と人が触れあう重要な場面において、歯の印象はとても大切になるからです。