神社めぐりの魅力

神社めぐりの魅力

私の趣味それは神社めぐりです。でも皆さんは神社とお寺の違いってご存知ですか?意外と知らない方が多いのではないのでは?と思うので説明すると鳥居のある所が神社で日本の神様を祀っています。

そしてお寺はお墓のある所でお 坊さんが居て仏像があって、仏教の教えを説く僧侶がところです。本当に簡単な説明ですがすっごくわかりやすいと思うのですが・・・お寺は仏教です。宗派はありますが仏様が神様?のような存在です。

でも神社ひとつにつき、一人の神様がいるのです。たとえば学問の神様、恋愛成就の神様、病気をした時に治してくださいってお願いする神様、また復縁したい、縁切りしたい、子宝に恵まれるようにお願いする神様など実にたくさんの神様がいるのです。先ほども述べたように神社ひとつにつき、一人の神様しかいらっしゃらないので、自分のお願いごとにあった神社に行く必要があるのですが・・・

でもお願い事をする以外でも神社めぐりをすることをおすすめします。その神社ごとにどういう経歴でこの神様を祀っているのかっていうことが神社にいくと書いてあります。それは自分の人生において決して損になるということはありません。むしろ心が豊かになったりまた神社にいくことで精神的な安定も得ることもできると思うからです。神社にいくと心が洗われるような気がしませんか?なので私は時間があると神社めぐりをしています。

また、旅行にいった先でも必ず神社をチェックして足を運んでいます。歴史の勉強にもなりますよ。とりあえず近所の神社からでもいいので是非足を運んでみてください。何かを得られるかもしれないし、なにも感じないのかもしれません。でも日本中にたくさんの神社があるっていうことはそれだけ神社には魅力があるっていう証拠なのかなって勝手に思っています。